ネットで副業 めざせ月収10万円!【サラリーマンや主婦がゼロから始める副業】

クラウドソーシング メリット・デメリット 副業全般

副業でウェブライティングをする時のメリットとデメリット

投稿日:

記事作成

写真:記事作成イメージ

ウェブライティングは記事作成代行とも呼びます。ネット投稿記事を代理で作成するバイトです。クラウドソーシングという、ネット上の仕事紹介サービス経由で仕事がもらえます。

文章を書くだけと思われがちな、ウェブライティングのメリット・デメリットを説明します。

 

メリット

ウェブライティングは副業として人気があり、積極的に参加しているサラリーマンも見られます。

最大のメリットは空き時間に仕事ができることで、毎日1記事ずつコンスタントに作業している方もいます。

単価は100円~300円程度が主流ですが、毎日作業をすれば月に3000円以上は稼げるのでお小遣いを増やすことが可能です。

作業スピードが早くなってくれば月に2~3万円稼ぐことも可能で、稼いだ分をそのまま貯金している人もいます。




主婦のお小遣い稼ぎとしても人気があり、中には月10万円以上を稼いでいる方もいます。 ウェブライティングをするには原則として面接は不要で、ライターサイトに登録した即日から始めることができます。

登録は無料ですし毎月の利用料金などは発生しないので、金銭的にマイナスになることはありません。

作業量は自分で決めることができ、他人から命令・強制されることがないのもメリットです。

将来的に取材ライターを目指している方が、ウェブライティングで実績を積むというケースもあります。記事作成は場数をこなすほど効率化するので、時間あたりの収入を増やすことが可能です。

 

デメリット

ウェブライティングのデメリットは、単価が安く設定された記事が多いことです。

高単価の案件は審査基準のハードルが高くなっており、承認されるためには時間をかけて慎重にこなしていく必要があります。

また得意分野以外の記事作成には時間がかかるので、時給換算で500円未満になることもあります。

実力次第で高収入を狙うことは可能ですが、文章の作成能力は人によって大きな差があるため、毎日作成しても思うように上達しないという方もいるでしょう。

記事作成が苦手な方は必然的に時給換算が低くなり、割に合わないと感じることもあります。




最後に

自宅で好きなときに作業ができるウェブライティングですが、記事作成には自己管理能力が求められます。

会社の仕事だと上司から命令されて、それに従って進めていくことが多いですが、ウェブライティングはすべて自分で作業時間・ペースなどを決めていく必要があります。

また誰からも命令されることがない反面、自分で自分のお尻を叩ける人でないと怠けてしまいがちです。

記事の作成作業は孤独との戦いになりますから、一つの作業をコツコツと継続できる人でないと難しいかもしれません。

今回はウェブライティングのメリット・デメリットを記載しましたが、他にも副業のメリット・デメリットがありますので、参考までに。







-クラウドソーシング, メリット・デメリット, 副業全般

Copyright© 副業チャレンジ.com , 2018 All Rights Reserved.