ネットで副業 めざせ月収10万円!【サラリーマンや主婦がゼロから始める副業】

副業全般

政府が年度内に副業解禁へ

投稿日:

副業チャレンジ.comへようこそ。

副業が解禁です!。
記事のタイトルなので、都合のよいことだけ切り取ってみましたが。。。

以下の記事がニュースに上がっていました。



政府が年度内に副業解禁へ:長時間労働不安、社会保険はどうなる?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00010002-binsider-bus_all

かいつまんで説明すると、国がつくるモデル就業規則にある副業禁止規定を改定し、同時に長時間労働防止のための労働時間や健康管理の指針を盛り込んだガイドラインの策定するとのことです。企業にとって強制ではありませんが、モデル就業規則を参考に各企業の就業規則が作成されている現状があり、政府が副業禁止を削除することで、企業にも就業規則の見直しを図るとのこと。

ただ、懸念される問題として、本業と副業合わせての長時間労働や本業がおろそかになる、情報漏えいの問題などが懸念されているそうです。

今の時代、『終身雇用で定年まで安心!。老後も年金で豊かな老後を暮らせる。』
なんていう、夢のような社会ではありませんよね。

サラリーマンにとって、政府・企業の就業規則に副業禁止が明記されていることが、時代に合っていない、政府・企業の理不尽な規則に思えます。
だって、副業でもやらないと、本業だけで豊かな生活をできる時代じゃないんですもん。しかも、働き方改革で残業代が減っている人も多くいると思いますし。
副業って、個人の時間を使う作業じゃないですか。個人の娯楽に個人の時間を充てるか、個人の副業に個人の時間を充てるかだけの違いかと。

脱サラで自営業になった私の意見なので、幾分、屁理屈ぎみているかもしれませんが。

しかし、政府も副業容認していくことは良い方向ですよね。
隠れてこそこそ副業をやっている人も多いかと思いますが、これからは胸張って副業にがんばれそうです。

私の意見ですが、副業は趣味の意味合いも多分にあると思います。
現に私の副業である副業チャレンジ.com運営は、自営業の空き時間に趣味感覚でやっています。
空き時間に趣味をやって、お金も儲かる。さらにネット知識のスキルアップまでついてくる。
お金が関わると、自己啓発・勉強がはかどりますよ。(モチベーションが半端ない。)







-副業全般

Copyright© 副業チャレンジ.com , 2018 All Rights Reserved.