ネットで副業 めざせ月収10万円!【サラリーマンや主婦がゼロから始める副業】

メリット・デメリット 副業全般

副業で警備員アルバイトをする時のメリットとデメリット

投稿日:

警備員アルバイト

コンビニバイトより、覚えることが少ない警備員アルバイト。深夜勤務などの苛酷な現場も大丈夫な人向けの副業アルバイトです。

 

メリット

副業で警備員アルバイトをする最大のメリットは、勤務日を自分の都合に合わせて申告できる点です。

警備員の場合、夜勤業務もあるため、本業に合わせて勤務日を自由に調整することができます。

18歳以上であれば未経験でも勤務可能で、年齢を問わず働ける業種なので、中高年のWワークにも最適です。日払いで給与をもらえる場合が多いので、「今すぐにお金が欲しい!」という人にぴったりの副業だと言えます。




警備員には雑踏警備や交通誘導警備、施設警備など様々な仕事がありますが、中でも施設警備の場合、常に需要があって仕事がなくなる心配がないので、副業として長期的に稼げるメリットがあります。

また、道路工事や工事現場などで夜間に働く場合、深夜手当をもらえるので、稼ぎやすいメリットもあります。警備員と一言でいっても仕事内容によってそれぞれメリットが異なるので、自分の目的や都合に合わせて職場探しをしてみましょう。

警備員の仕事は大変そうなイメージがありますが、施設警備であれば防犯カメラのチェックなど仕事内容が簡単な場合が多く、悪天候でも気にせず働けるので、体力に自信がない人でも安心です。

また、安定して稼げるメリットもあるため、長く稼げる副業を探している人に最適です。




デメリット

警備員アルバイトの最大のデメリットは、職場によって労働環境が大きく異なるという点です。

職場によって体の負担が大きく異なるため、自分にふさわしい職場を慎重に選ぶ必要があります。

中には体力的に厳しい職場もあるので、副業に体力を取られて本業に悪影響を与える場合もあります。

副業として警備員アルバイトを選ぶ場合は、自分の体力に適した職場を選ぶようにしましょう。

また、季節や天候によって厳しい環境を強いられる場合があるので、注意が必要です。雨の日や寒い日、暑い日でも勤務をこなさなければならないため、体調を崩す可能性もあります。それらのことをよく考えて、職場を選ぶ必要があります。

警備員の場合、将来に向上させるスキルがあまりないデメリットもあるため、キャリアアップを目指している人にはあまり向きません。警備員はあくまで副業として稼ぎたい人に向いているアルバイトだと言えます。

 

最後に

警備員アルバイトは肉体労働系バイトで条件が苛酷になればなるほど、時給が上がります。

副業として行っても、得られるスキルはなく、単純に副収入が欲しい人向けの職種ですね。

副業を行いながらスキルアップや技術習得を考えている人には以下のページを参照してください。副業で得られるメリットをまとめていますので。

副業のメリット・デメリット







-メリット・デメリット, 副業全般

Copyright© 副業チャレンジ.com , 2018 All Rights Reserved.