ネットで副業 めざせ月収10万円!【サラリーマンや主婦がゼロから始める副業】

ネットショップ 副業全般

【客単価】3大ネットショップ比較

投稿日:

単価比較

ようこそ副業チャレンジ.comへ。

今回は、客単価をAmazon、楽天、Yahooショッピングで比較します。

客単価はネットショップ売り上げの公式の一つであり、重要な指標です。

[ネットショップ売り上げの公式]

アクセス人数 × 転換率 × 客単価 = 売上

数多くの注文が入っても、客単価が低いと、売上は増えません。

しかも、客単価が低く、注文数は多い店舗などは、発送作業に時間がかかるばかりで、儲けがでません。

知り合いにネットでボタンを販売している方がいますが、手間ばかりかかって、儲からないと嘆いています。

 

ネットショップを運営するうえで、重要な客単価を3大ショッピングモール(Amazon、楽天、Yahooショッピング)で比較していきます。




客単価No.1:楽天

客単価No.1は楽天です。

楽天のコンセプトは、いろんな店が集まった、雑多なショッピングモールです。

店ごとに個性があり、ユーザーも楽天内の各店舗に入って買い物をする感覚です。

そのため、まとめ買い、ついで買い、セット買いなど、送料無料まで購入など、複数の商品を購入してくれます。

結果、1人当たりの客単価は、YahooショッピングやAmazonの倍近くあります。

ただ、お客さんに店舗内を回遊してしてもらうためには、ショップの作りこみが必要です。

店舗トップページや商品カテゴリ設定、目玉商品やセールバナーを作って、アピールするなど、やること満載です。

また、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどのイベント対応も必要です。




客単価No.2:Yahooショッピング

楽天客単価の60%くらいがYahooショッピングの客単価と考えて妥当です。

楽天と同じく、いろんな店が集まったショッピングモールなのですが、客単価は楽天には及びません。

ネット通販の信頼性やブランド力が楽天より低いのだと思います。

私も、安心して買い物できるショッピングモールと言えば、楽天です。

Yahooショッピングは個人出店の店舗が多くて、レビューを見ると不安な時があります。

信頼性、ブランド力が客単価に影響しているんだと思います。

 

客単価No.3:Amazon

楽天客単価の半分程度が、Amazonの客単価です。

そもそも、Amazon出品は店の概念がありません。(最近、店の概念が出来ましたが、ほとんど見かけません。)

Amazon出品はアマゾンマーケットプレイス内に商品を出品する形式なので、出品商品の単体販売がほとんどです。

単体販売なので、客単価も低いです。

Amazon出品は客単価よりも個数を売ることが大事でしょう。

Amazonマーケットプレイス使って、自動販売機型ネットショップを作ることが、Amazon成功の秘訣です。

以下のリンクで、自動販売機型ネットショップ実現のためのFBA出品を詳しく説明していますので、参考まで。

FBA出品は副業の強い味方







-ネットショップ, 副業全般

Copyright© 副業チャレンジ.com , 2018 All Rights Reserved.