ネットで副業 めざせ月収10万円!【サラリーマンや主婦がゼロから始める副業】

クラウドソーシング 副業全般

注意点は3つだけ|ライティング(記事作成代行)はネット副業としてかしこい選択!

更新日:

副業チャレンジ.comにようこそ。

ネット副業の中には、ライティング(記事作成代行)のバイトというものがあります。



ネットの世界にはクラウドソーシングという、仕事を依頼する側と仕事を受注する側のマッチングサービスがあります。そのクラウドソーシング上で記事作成代行の仕事依頼が多数あり、バイト感覚で報酬を得ることができます。

みなさんは日々、どんだけ文章をタイピングしていますか?。
メールやLINEやフェイスブックで、無意識のうちに数百文字はタイピングしていますよね。

ライティング依頼には多種多様な案件があるので、自分が書きやすいネタは見つかると思います。

得意なネタの文章作成で収入が得られるなんて、ネット副業の良いところです。

始め方としては、クラウドソーシングに会員登録したら即日開始できるのですが、始めるにあたっての注意点もあるので、以下に注意点を説明します。

1.ライティング単価

ライティング依頼は多種多様で、特異なネタ(専門知識が必要とか)ほどライティング単価が高いです。普通の旅行談や体験談なら1文字0.5円から1円が相場です。

最初は高い案件を狙わずに単価が低くても文字数が少ない案件で、練習するのがGoodです。

1,000文字で1,000円しかもらえないの?

と思われるかもしれませんが、なれれば1,000文字なんて30分かかりません。

2.ブラインドタッチ

PCキーボードでブラインドタッチできること。

入力速度が重要なのではありません。タイピングに気をとられない程度のブラインドタッチができればOKです。

タイピングに自分の意識を持っていかれるようでは、文章作成に頭が回りませんよね。

タイピングに自信がない方は以下のサイトでタイピング練習してみてください。

タイピング練習-寿司打



3.コピペは禁止

どんな案件でもコピペは禁止です。

ネット検索したら、案件にマッチするような記事を見つけることができるかと思いますが、コピペは確実にバレます。

ネットには無数のコピペチェックツールが無料で存在するので、案件依頼側がコピペチェックすれば、すぐに発覚します。

発覚した後が面倒で、案件依頼側とのいざこざやライターとしての信用が落ちます。(たぶん、ライター評価ページに悪い評価を書かれ、以後の案件受注に影響が出る。)

また、仕事をマッチングするクラウドソーシング側がコピペチェックしていたりもします。

まとめ

以上、3点の注意点を示しましたが、真面目に作業すれば何ら問題ないものばかりです。

クラウドソーシングのライティング(記事作成代行)は在宅で出来るし、自分の自由な時間に作業が可能です。それにも関わらず、慣れてくれば、一般の肉体労働系バイトよりも稼げる。

ちょっとしたネット副業にはもってこいの仕事です。







-クラウドソーシング, 副業全般

Copyright© 副業チャレンジ.com , 2018 All Rights Reserved.