ネットで副業 めざせ月収10万円!【サラリーマンや主婦がゼロから始める副業】

メリット・デメリット 副業全般

副業で飲食店アルバイトをする時のメリットとデメリット

投稿日:

飲食店バイト

副収入を得ることが簡単な飲食店でのアルバイト。

副業で飲食店のアルバイトをすることには、副収入が得られること以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット

飲食店での仕事は料理を作るキッチンの仕事と、お客様対応を行うホールの仕事に大別できます。

まずキッチンで働くメリットは、様々な料理の作り方を学べることです。

お店によって調理するメニューは異なるものの、仕事を続けていくうちに、手際良く料理するスキルが身に付いていきます。

始めのうちは皿洗いなどを任されるかもしれませんが、経験を積むうちに少しずつキャリアアップできます。

最終的にはあらゆる調理を任せられるようになりますし、料理のスキルを上げるためにはぴったりの職場です。




また、自宅よりも設備の整った広いキッチンで調理できることも、メリットだと言えるでしょう。

一方、飲食店のホールでアルバイトをするメリットは、お客様をもてなすための接客スキルを学べることです。

飲食店はお料理の味も大切ですが、訪れたお客さんを不快にさせないための接客も必要不可欠です。

さらに接客スキルは飲食店のみならず、様々な小売店での仕事や、営業職などにも役立ちます。これもメリットだと言えるでしょう。

さらに、飲食店で協力して仕事を進めることで、新しい友人が増えるというメリットもあります。貴重な人脈が増える可能性があることも、大きな利点かもしれません。

 

デメリット

飲食店のアルバイトには様々なメリットがありますが、当然のことながらデメリットもいくつかあります。

まず第一に、人員が不足しているお店の場合、仕事が忙しくなるケースが少なくないことです。

飲食店業界は、人材不足が進んでいると言われています。人手が十分な飲食店で働ければ良いですが、そのようなお店でも、曜日や時間帯によっては人手が足りなくなるかもしれません。場合によっては、1人で2人分以上の業務をこなさなければならないケースも考えられます。

したがってアルバイトに応募する前に、予めお客さんとしてお店を訪れ、状況を確認しておいた方が良いでしょう。

また飲食店には皿洗いの仕事があり、洗剤によって手荒れするというデメリットもあります。




肌の強い人であれば大丈夫かもしれませんが、敏感肌の場合は注意が必要です。

さらに、急に欠勤する人が多いお店の場合は、突然バイトに入ってくれと連絡が来ることも少なくありません。

稼ぎたい時は嬉しい一報かもしれませんが、必要以上に働きたくない場合は、勤務できない日時を事前にしっかり伝えておきましょう。

 

最後に

収入以外のメリットを考えてきましたが、やはり、飲食店アルバイトの最大のメリットは、働いた分だけバイト代がもらえることでしょう。

月々2,3万円の副収入が目的の人にはおすすめの副業です。

ただし、バイト時間中は拘束されるので、時間制約がある人は注意しましょう。

飲食店バイトに限らず、副業を行うことでのメリット・デメリットはいろいろあります。気になる方は以下を参照してください。

副業のメリット・デメリット







-メリット・デメリット, 副業全般

Copyright© 副業チャレンジ.com , 2018 All Rights Reserved.